ヌメ革の基礎知識

革と一口に言っても様々な種類がありますが、中でもヌメ革は人気のある革の一つです。質感が良く、丈夫で長持ちし、時間が経つにつれて味わい深いになります。

また、天然皮革の特徴であるシワや血管、すり傷などが残っているので、同じアイテムでも違ったデザインに見えることもあります。こちらではヌメ革の基礎知識についてご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

ブラッシングはメンテナンスの基本

ブラッシングはメンテナンスの基本

メンテナンス方法はいくつかありますが、ブラッシングはメンテナンスの基本です。ゴミやホコリが付着したり溜まったりするとカビや汚れの原因となるので、定期的にブラッシングをしてカビや汚れを防ぎましょう。ヌメ革は傷がつきやすいので、強くこすり過ぎないように注意しましょう。

全体的に均一になるように、軽くはたくようなイメージでブラッシングすることがコツです。ヌメ革は復元力がありますが、完全に傷が消えることはないので、その点については理解しておきましょう。

革を休ませることも必要

雨水がついて濡れてしまうとシミになる場合が多いので、梅雨の時期に革を使うのは気が引けてしまう時もあるでしょう。革を休ませることも必要なので、このような時期は革を休ませる時間を作ることをおすすめします。

しかし、革は水分を吸収したり放出したりを繰り返す呼吸を行っているので、ただ箱に入れるだけではダメです。乾燥剤や調湿剤を一緒に入れて保管し、革が呼吸しやすい環境を作りましょう。たまに箱から取り出して、ブラッシングしたり乾拭きをしたりすることも忘れないようにしましょう。

通販でデザイン性だけでなく機能性にも優れたヌメ革のブリーフケースをお探しの方は、Realegaをご利用ください。Realegaでは、ヌメ革100%でできたブリーフケースとビジネスバックの通販を行っております。見栄えや丈夫さ、使いやすさなどを総合的に判断し、価格にもご満足いただけるようお作りしております。ヌメ革のブリーフケースを購入したいという方は、是非Realegaの通販サイトをチェックしてください。