レザー(革)の種類

バッグや長財布などに欠かせないのがレザーです。一口にレザーといっても種類によって特徴も大きく異なります。ここでレザー(革)の種類について、ご紹介いたします。

素材の種類について

● 牛

レザーバックやレザージャケットなどに最も利用されている革素材が、牛です。
バランスの良い牛革の「カウハイド」は生後2年以上経過した成牛で、出産を経験したメスの革です。
流通量が多い牛革の「ステアハイド」は生後2年以上経過した成牛で、去勢されたオスの革です。

高級品として扱われる牛革の「キップ」は生後6ヶ月から2年までの中牛で、厚さや強度などがある凡庸性が高い革素材です。入手が難しい最高級素材の「カーフ」は生後6ヶ月以内の仔牛で、繊維が細かくて柔らかく、表面が滑らかな特徴があります。

● 豚

国内で自給自足できる皮革素材が豚です。牛革より少し硬くて強度も同じなのでジャケットやカジュアルシューズにも用いられます。特にスエード状に仕上げた「ピッグスキン・スエード」は豚革の中で人気が高いレザーです。

● 馬

牛革に比べて強度は落ちますが、薄いのに柔軟性に富んでいるので、衣料製品に用いられることが多いです。馬革の中で貴重なレザーに「コードバン」があります。数の少ない農耕馬しか採ることができないので、入手困難な高級品として取り扱われています。

なめしの種類について

● タンニンなめし

天然の植物から抽出されるタンニン成分でなめすことを、タンニンなめしといいます。
昔からある製法で手間はかかりますが、摩耗に強くて吸湿性に優れた仕上がりになります。
革の匂いがすることもあり、自然な風合いを楽しめます。タンニンなめしをしただけで、塗装や染をせずに加工された革はヌメ革と呼ばれ、革素材の持つ特徴を最大限に引き出します。

● クロムなめし

化学薬品の塩基性硫酸クロム塩を使ってなめすことを、クロムなめしといいます。
タンニンなめしに比べて加工時間が短いので、大量生産に向いている製法です。
ソフトな風合いや青みがかった深い光沢が特徴です。世界の革の約8割はクロムなめしで作られているといわれています。また女性用のレザーバックにも人気があります。

『Realega』はレザーバックを通販サイトにて販売しています。デザイン機能性に優れたビジネスバッグやブリーフケースをご用意しています。ヌメ革を100パーセント使用しているので、色合いや質感を楽しめます。また取り扱っている商品は、ヌメ革で加工された丈夫なレザーバックです。お手入れやメンテナンスを定期的に行うことで、長くお使いいただけることが可能です。
是非ご活用ください。