ヌメ革のブリーフケースの型崩れ予防

ビジネスで活躍する革のブリーフケースですが、型崩れしてしまうと見た目が悪くなるだけではなく、使い勝手も悪くなってしまいます。革製品は使い込むことで良い味わいが出てきます。上手に育てお気に入りの一品になるよう、メンテナンスを行いましょう。正しいメンテナンスが行えるよう、ここでは型崩れの原因と予防方法をご紹介します。

荷物を入れすぎない

ブリーフケースの型崩れの原因として多いのが、荷物の入れすぎによるものです。ブリーフケースの容量を超えた荷物を毎日入れていると型崩れの原因となってしまいます。また、大きさはブリーフケースに収まるものでも重たすぎる荷物も型崩れの原因となります。
型崩れを予防するためには、毎日必要とする荷物が入る大きさでその荷物の重さに対する耐久性を持つブリーフケースにするか、必要な荷物だけをブリーフケースに入れるようにすることが必要です。必要な荷物だけを持って外出することは、外出先での仕事をスムーズに行うことにも繋がります。

メンテナンスに気をつける

ヌメ革などの本革製品は、メンテナンスが必要です。そのメンテナンスにより革を育てることができ、メンテナンスをすること自体も本革製品の魅力ともなっています。しかし、このメンテナンスの方法を間違ってしまうと、逆に傷めてしまう場合があるので注意が必要です。
メンテナンス時のクリーナーやクリームの量、メンテナンスの頻度などに気をつけます。過度なメンテナンスは、革製品の表皮を傷め、型崩れの原因になってしまいます。正しいメンテナンスの方法を覚えることが予防策となります。

保管方法に気をつける

ブリーフケースの上に重たいものを乗せっぱなしにしたり、狭いスペースに無理やり押し込んで収納したりしてしまうと型崩れの原因となるので避けるようにしましょう。

通販でヌメ革のブリーフケースをお探しなら、『Realega』の通販サイトをご利用ください。『Realega』の通販サイトでご購入いただけるブリーフケースは、機能性デザイン性にこだわり、ヌメ革の質感が存分に味わえるブリーフケースとなっております。100%ヌメ革のブリーフケースなので、丈夫で長くご使用いただけ、長く使うことでも革ならではの風合いが増し、飽きることなくご使用いただけることと思います。是非、ご利用ください。