本革と合皮を見分ける方法

ネットショッピングをする方が増えた現代、レザー商品を取り扱う通販サイトは多くあります。『Realega』では100%ヌメ革の本革バックの通販を行っていますが、合皮の商品も多く取り扱う通販サイトも多いです。
本革が好きで本革バックや本革財布を通販で購入しようと探す際は、素材を見るようにすると思いますが、本革か合皮か気にせずデザインが気に入って購入した物や中古品で買った物などは、どちらかわからない物もあるでしょう。ここでは本革と合皮の見分け方についていくつかご紹介しますので、ご参考にしていただければと思います。

匂いを嗅ぐ

本革か合皮かを判断する時にわかりやすいのは、匂いを嗅ぐことです。本革であれば、革の持つ独特な良い香りがするでしょう。本革の匂いとは、デパートのバッグ売り場やレザー専門店に入店した際に感じる匂いです。合皮の場合は、匂いを感じなかったり石油や油っぽい匂いがしたりします。もしわからなければ、本革と表示されている商品の匂いをまず嗅いでみてください。そのあとに見分けたい物の匂いを嗅いでみると、本革か合皮か判断がつくかと思います。

触る

本革は触わってみるとしっとりとした質感です。合皮は表面を塩化ビニールやポリウレタンなどでコーティングをしているので通気性が悪く、しばらく同じ場所を触っていると汗ばみができると思います。触り心地の違いがわかるようになれば、触ってすぐに本革であるか合皮であるか判別できるようになるでしょう。

観察してみる

合皮の場合、劣化してくるとひび割れやはがれが発生し、ガーゼのようなものが出てくることがあります。また、本革は良く観察してみると毛穴を見ることができますが、合皮にはありません。

本革バックを通販でお探しなら、『Realega』の通販サイトをご利用ください。『Realega』の本革バックは、デザインはもちろん、機能性にもこだわった使いやすいバッグです。『Realega』の100%ヌメ革の本革バックは、見た目ですぐに本革と分かるナチュラルな風合いを持ち、素朴な匂いや上質感な手触りが特徴となっています。毎日使っても、メンテナンスをすることで長く愛用でき、も深いあめ色に変わっていくので飽きることなく使い続けられるでしょう。